スマホユーザーで、モバイルバッテリーを使用している人はいませんか?
とあるところが調査したところによると、およそ半分以上の人が所有していると回答したそうです。

長期間外出する際に使用する人もいれば、災害時の備えとして携帯している人も少なくありませんでした。
このモバイルバッテリー、不要になったり寿命を迎えたりした場合にどう処分したら良いかわからないという人もいるでしょう。
そこでここではさいたま市におけるモバイルバッテリーの捨て方について解説しますので、参考にしてください。

さいたま市のモバイルバッテリーの捨て方の基本

さいたま市ではモバイルバッテリーの公的な回収サービスを実施しています。
ただし従来の家庭ごみのように、決められた曜日にごみ収集所に出すわけではないので注意してください。

モバイルバッテリーは白色のBOXに入れる

さいたま市の捨て方は、いたってシンプルです。
市内にある電池回収BOXに入れるだけです。
白い色をしたBOXで、「電池・家電用バッテリー投入箱」と書かれています。

誤った捨て方として、モバイルバッテリーそのままの状態でBOXに入れる方法が挙げられます。
少しの衝撃で発火する危険性もあるからです。
電極部分にテープを貼り、絶縁した状態で安全に捨ててください。
テープはセロハンでもビニールでも、自宅にあるものでかまいません。

モバイルバッテリーの場合、USBポートやmicroUSBポートの部分をテープでカバーしてください。
この作業をしないと、ほかのバッテリーなどと接触する恐れがあるからです。
その結果ショートを起こして、BOX内で発火し火災の原因となる可能性があります。

基本的に素材関係なくBOXに捨てる

さいたま市におけるスマホのバッテリーの捨て方は、ここまで紹介したように電池回収BOXに絶縁した状態で処分します。
近年のモバイルバッテリーは、リチウムイオン電池でしょう。

しかし一昔前のものであれば、ニッケル水素やニカド電池の使われている可能性があります。
さいたま市であれば、ニッケル水素もニカドを原料にしたバッテリーも電池回収BOXに捨てられます。

乾電池を入れるモバイルバッテリーの捨て方

モバイルバッテリーの中には乾電池を入れるようなタイプのものもあるでしょう。
この手のタイプの捨て方は、さいたま市の場合リチウムイオン電池と同様です。
電池回収BOXでは、乾電池も処分できるようになっています。

ただし乾電池も一般的なモバイルバッテリー同様、絶縁した状態で入れるのが正しい捨て方です。
乾電池の場合、+極と-極の両方をテープを貼るなどして絶縁してください。

小型電池回収BOXの設置分布を紹介

小型電池回収BOXは、さいたま市内にいくつもあります。
よってさいたま市民であれば、近所でBOXを見つけられるはずです。

小型電池回収BOXはさいたま市の各種区役所や公民館、図書館などの公的施設に設置されています。
さいたま市のホームページでも一覧や地図など紹介されているので、最寄りの設置場所を確認しておきましょう。

回収BOX以外のさいたま市のモバイルバッテリーの捨て方

回収BOX以外のさいたま市の捨て方として、環境センターに直接搬入する方法があります。
さいたま市の西部環境センターとクリーンセンター大崎、桜環境センターで搬入を受け付けています。
さいたま市にはもう一つ、東部環境センターもありますが令和2年3月21日をもって搬入受付を終了しているので注意してください。

またさいたま市では、リネットジャパンと協定締結しています。
宅配便を利用した捨て方もあります。
Web申込して、引き取ってもらう捨て方ですがこちらは料金がかかる点も理解しておいてください。

収集所には捨てないこと

モバイルバッテリーをさいたま市内にある収集所に出さない点は改めて理解しておきましょう。
もしこちらに出してしまうと、収集運搬やごみ処理施設で作業しているときに火災を起こす可能性があります。
モバイルバッテリーはちょっとした衝撃でも火災の原因になる恐れがあるからです。

実際にリチウムイオン電池を原因とした火災が、さいたま市内で発生されています。
車両や施設が損害を受けることで、ごみ処理時間の遅延を招きかねません。
何よりも作業員が危険にさらされることになるので、モバイルバッテリーは通常の一般ごみのように出せない点は理解してください。

さいたま市以外のモバイルバッテリーの捨て方について解説

モバイルバッテリーの捨て方の選択肢に、さいたま市の公的サービスがあることはすでに紹介しました。
しかしスケジュールの関係でなかなかBOXでの捨て方が難しい人もいるでしょう。
さいたま市以外でも、民間のサービスを利用した捨て方もあります。

1.携帯ショップへ依頼する
2.家電量販店への持ち込み
3.買取サービスの利用

以上が主なさいたま市以外のモバイルバッテリーの捨て方になるので、具体的に見ていきましょう。

1.携帯ショップへ依頼する

携帯ショップで、モバイルバッテリーの引き取り対応しています。
さいたま市内には携帯ショップは数多く営業しているはずです。

とくに主要キャリアのショップでは、モバイルバッテリーの回収を積極的に行っています。
MRNと呼ばれる独自の取り組みがあり、メーカー関係なく引き取ってくれるでしょう。
方法は簡単で、店頭スタッフに「モバイルバッテリーを回収してほしい」旨伝え、引き取ってもらうだけです。

ただし携帯ショップはタイミングによっては、大変混雑している可能性があります。
特に週末や祝日は多くの利用客でごった返すので、平日の日中がねらい目です。

2.家電量販店への持ち込み

携帯ショップが込み合っていて、処分できそうになければ、家電量販店での捨て方がおすすめです。
さいたま市では市街地中心に、大手家電量販店が営業しています。

さいたま市の捨て方同様、家電量販店でもリサイクルBOXを用意しているはずです。
不要になったモバイルバッテリーを投入するだけです。
しかしさいたま市同様、モバイルバッテリーを絶縁した状態でBOXに入れるのが正しい捨て方です。

また安全面の観点から、BOXではなく指定のカウンターで直接手渡しによる捨て方を採用しているお店もあります。
もし最寄りの家電量販店が利用できるか知りたければ、あらかじめ問い合わせておくと良いでしょう。

3.買取サービスの利用

捨てようと思っているモバイルバッテリーがまだ使えるのであれば、買取サービスに出してみるのも一考です。
さいたま市にあるリサイクルショップの中には、モバイルバッテリーの買取が可能なところも少なくありません。

買取可能なモバイルバッテリーは、まず当然のこととして使用できるものです。
そして新品同様で傷などがあまりなく、大手メーカーのものは評価されます。
しかしまだ使えても古くて汚れの目立つものだと、査定金額が付かない可能性もあります。
査定は無料でお願いできるので、気軽な気持ちで依頼してみましょう。

またフリマアプリを使って出品してみるのも一つの方法です。
新品や大容量のバッテリーは人気です。

人気メーカーのものや状態が良ければ、数千円程度の値が付くかもしれません。
基本的に購入してから月日が経過するとその分価値は下がります。
買取を使った捨て方を希望するなら、早めに売却することです。

特殊なモバイルバッテリーの捨て方はどうすべき?

さいたま市でスマホのバッテリーの処分にあたって、特殊なケースだと捨て方が従来よりも変わる可能性があります。
たとえば熱などで膨張しているケースやリサイクルマークのないバッテリーなどです。
もし以下で紹介する項目に該当するモバイルバッテリーを持っているなら、捨て方はやや特殊になると思ってください。

膨張したモバイルバッテリー

もしモバイルバッテリーが膨らんでいるようであれば、劣化が進んでいると考えてください。
劣化によって化学反応が内部で起こり、ガスが発生するために膨張するわけです。

膨張すると、捨てられないのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし膨張したものでも、捨て方の選択肢はあるのであきらめないでください。

まずはメーカーに問い合わせてみましょう。
2001年に施行された「資源有効利用促進法」でメーカーは古くなったモバイルバッテリーの回収が義務付けられました。
メーカーに連絡すれば、捨て方の方法を案内してくれるはずです。

またさいたま市の家電量販店の中には、引き取り可能なところもあります。
ただし店舗によって対応は異なるので、心配であればあらかじめ問い合わせておきましょう。

穴をあけるのはNG!

モバイルバッテリーが膨張していると、元通りにするため穴をあけてガス抜きしようと思う人もいるでしょう。
しかしこれは危険なので、厳禁です。

穴をあけることでその衝撃で爆発する可能性もあるからです。
自分の身に危険が及ぶので、膨張したモバイルバッテリーはヘタにいじらないようにしましょう。

無地のモバイルバッテリーの捨て方

現在販売されている比較的新しい商品であれば、矢印の三角形のようなマークがついているでしょう。
そして「Ni-MH」や「Li-ion」のような文字が入っていれば、それはリサイクルマークです。

しかし古いモデルであれば、リサイクルマークがついていないかもしれません。
もしリサイクルマークがついていない無地のものを処分するなら、さいたま市の場合電気回収BOXに出しても問題ありません。

その他にもメーカーに問い合わせる方法もあります。
先ほど紹介したようにメーカーには回収義務があるので、引き取ってくれるはずです。
またさいたま市内の一部家電量販店ではリサイクルマークなしのものでも回収してくれるところもあります。

さいたま市のモバイルバッテリーの捨て方に関するまとめ

長時間スマホを使用している人を中心に、外出時にモバイルバッテリーを携帯する人も少なくありません。
しかしいずれ劣化し寿命が来るので、オーナーはその捨て方についてマスターしておきましょう。

さいたま市の場合、小型電池回収BOXにて捨てられます。
絶縁する必要がありますが、さいたま市内に何十と設置されているので最寄りで見つけやすいでしょう。

その他にも家電量販店や携帯ショップでも引き取ってくれます。
自分に合った方法で、なるべく速やかに捨てるように心がけてください。