この度事務所を移転することになった、リニューアルすることになってオフィス家具を処分したいと思っている法人はいませんか?
オフィス家具は産業廃棄物扱いになるので、家庭ごみの一般廃棄物とは異なります。
自治体のごみ収集サービスが利用できないこともあるので、その処分方法は理解しておきましょう。

不要になってもまだまだ利用できるようなオフィス家具をごみとして処分するのは、もったいないかもしれません。
中古のオフィス家具を買取してくれるサービスもありますので、こちらの利用も検討してください。

オフィス家具の処分方法を紹介

オフィス家具の処分方法は、いろいろと選択肢があります。
主な処分方法として、以下のような方法が考えられます。

1.自治体への依頼
2.産業廃棄物専門業者
3.不用品回収業者

それぞれどのような特徴があるか以下にまとめましたので、業者選びの参考にしてください。

1.自治体への依頼

オフィス家具の処分を自治体に依頼できるかもしれません。
ただしすべてのオフィス家具を回収できるわけではないので、まずは事務所を管轄している市区町村役場に問い合わせてみましょう。
自治体によっては粗大ゴミ扱いで、シールを購入してオフィス家具に貼付しなければならないところもあります。

また自治体によっては、直接ごみ処理施設に持ち込んで処分を依頼する方法も採用しているところも見られます。
直接持ち込みの場合、運搬費用は無料というところも少なくありません。
持ち込み可能であれば、従業員にお願いして車両などで搬入してもらうと良いでしょう。

2.産業廃棄物専門業者

日本全国に産業廃棄物専門業者があるので、こちらに依頼して回収依頼する方法もあります。
ただし悪徳業者もあるので、依頼先は慎重に選んだほうが良いでしょう。
まず産業廃棄物処理の許可を受けているかどうか確認してください。

産業廃棄物を回収するためには、許可が必須です。
無許可の業者は違法業者となり、トラブルに巻き込まれる可能性が大です。

許可を受けている業者は産業廃棄物処理事業振興財団という公式財団法人のホームページで確認できます。
こちらで許可を受け、法律にのっとった優良業者を探してください。

3.不用品回収業者

不用品回収業者に依頼して、不要なオフィス家具を引き取ってもらうのも一つの方法です。
不用品回収業者は日本各地にあり、スピーディに引き取ってくれるのが特徴です。
中には最短即日で引き取ってくれる事業者も見られます。

また不用品回収業者の場合、複数ある不要なオフィス家具を一気に処分できるのもおすすめの理由の一つです。
ゴミ屋敷のような形になっているところでも、一気に回収してくれるところもあるほどです。

ただし不用品回収業者の中には、悪質な営業をしているところも見られます。
また適正価格のわかりにくい部分があるので、注意してください。
正式依頼する前に見積もりを取って、その内容に納得できるかどうか慎重に見極めましょう。

買取業者にオフィス家具を処分する方法も

オフィス家具は一般家庭で用いられる家具と比較して、耐久性に優れたものが多いと言われています。
このため、年式によってはまだ使用できるようなアイテムもあるかもしれません。
もし比較的高年式のオフィス家具であれば、いきなり業者に処分を依頼するのではなく、買取業者に査定に出してみましょう。

オフィス家具の買取業者とは?

オフィス家具を買取してくれる業者は、日本全国にあります。
たとえばリサイクルショップです。
リサイクルショップでは幅広いアイテムを買い取ってくれますが、オフィス家具も状態が良ければ引き取ってくれる可能性があります。

また中古オフィス家具のお店でも、買取サービスに対応しているところは少なくありません。
近くに中古オフィス家具を取り扱っているショップがあれば、査定に出してみると良いでしょう。

買取業者の中には出張買取に対応しているところも見られます。
査定士が事務所に赴き、直接査定するサービスのことです。
もし査定金額に納得できれば、対象のオフィス家具を引き取ってくれます。

オフィス家具の中には、大型なため自分たちでお店に持ち込むのが難しいアイテムもあるでしょう。
出張査定をお願いすれば、自分たちで持ち込む労力をセーブできるのでおすすめです。

どの程度の価格で処分できる?

買取サービスを利用する場合、買取価格がどの程度か気になるところでしょう。
もちろんオフィス家具のブランドや状態によって、査定価格は異なります。

しかし一般的にデスク類であれば、2,000円からが相場です。
チェア系であれば500円からが買取価格の相場と思ってください。
コピー機やキャビネットは1,000円からが目安になります。
状態が良く、比較的新しいアイテムであれば、さらに高額買取も期待できます。

まだ使えるオフィス家具があれば、処分する前に査定だけでも受けておきましょう。
大半の買取業者で、査定は無料で実施してくれるはずです。

フリマアプリを活用する方法も

オフィス家具を処分するにあたって、フリマアプリを利用してみるのも一考です。
場合によっては、リサイクルショップなどに買取に出すよりも高値で売れる可能性もあるからです。

ただしフリマアプリやネットオークションを利用する場合、出品してすぐに買い手が付く保証はありません。
場合によってはなかなか買い手の現れない可能性もあるので、長期戦になってもかまわないのであれば活用しましょう。

また買取業者に査定に出しても、値が付かないケースもあるでしょう。
それでもどうしても「少しでも価格が付けば処分したい」と思ったときに活用してください。

オフィス家具を高く売るコツについて紹介

オフィス家具を処分する方法として、買取サービスを利用する方法があることはすでに紹介しました。
買取依頼して処分するなら、少しでも高く売りたいというのが本音でしょう。
もし高額買取を目指すのであれば、以下で紹介する方法を試してください。

1.オフィス家具をきれいにしておく
2.シリーズものはセットにする
3.できるだけ早めに売却する
4.相見積もりをお願いする
5.買い替えする

以上の項目がなぜ高値で処分できるのか、以下で紹介しますので参考にしてください。

1.オフィス家具をきれいにしておく

買取に出すオフィス家具は、きれいに掃除しておきましょう。
オフィス家具の査定で、アイテムの状態は重視されます。
汚れが目立てば、マイナス査定にされてしまうでしょう。

きれいな状態で査定に出せば、査定士の印象も良くなります。
「このオフィス家具は大切に扱われてきたに違いない」と思わせられるからです。
ちょっとした拭き掃除だけでも、意外と汚れは落ちるものです。

ただし傷なども修繕するとなると手間暇もかかってしまいます。
簡単にできるお手入れ程度のレベルにとどめておきましょう。

2.シリーズものはセットにする

デスクとチェアなど、同じシリーズのものをセットで購入したという法人はありませんか?
この場合アイテムごとに個々に処分するのではなく、一緒に買取に出してください。

同じシリーズものだと統一感があるので、高額買取になる可能性が高いからです。
中古品でも「セットのデスクとチェアがあればまとめて購入したほうがしっくりくる」と考える人も少なくありません。
同じシリーズやメーカーのオフィス家具を処分する場合、セットで査定に出すのがおすすめです。

3.できるだけ早めに売却する

もし不要で処分したいと思っているオフィス家具があれば、できるだけ早期に査定に出すべきです。
オフィス家具に限ったことではありませんが、たいていのアイテムは時間の経過とともに価値が下がってしまいます。

また不要なオフィス家具を処分せずにそのまま保管していると、汚れや傷も付きやすくなるでしょう。
汚れや傷が多ければ、それだけ価値が下がってしまいます。
「このオフィス家具を処分したい」と思ったら、できるだけ早く買取に出すと良いでしょう。

4.相見積もりをお願いする

いきなり一つの買取業者に絞るのではなく、複数のところに査定に出して相見積もりをお願いするのも高く処分するためのコツです。
買取基準は各業者が独自に決めているからです。
よってまったく同じオフィス家具でも、買取価格が異なることは往々にしてあります。

複数の業者に買取に出せば、どこがより高額で買い取ってくれるか比較できます。
またおおよその相場も把握できるので、不当に安い価格で買いたたかれるような心配もありません。

さらに他社の買取結果を材料に、交渉を持ち掛けることも可能です。
「他のところはこれで買い取ると言っているのですが…」と話を持ち掛ければ、買取価格を上乗せしてくれるかもしれません。

しかしあまりに多くの業者に査定に出すと、時間がかかってしまいます。
2〜3社に絞り込んで、相見積もりをお願いするのがおすすめです。

5.買い替えする

もしオフィス家具を買い替えようと思っているのであれば、処分先と購入先を一緒にする方法もあります。
下取りに出すことで、割引など特別な優遇措置を受けられる可能性があるからです。

また手間が省けるのも、買い替えがおすすめの理由です。
既存のオフィス家具の処分と新しいアイテムの購入をワンストップで行えるので、手間や時間の大幅な短縮効果が期待できます。
ただしすべてのオフィス家具店で買取サービスを行っているわけではありません。
気になる店舗があれば、下取り対応しているか問い合わせておくと安心です。

オフィス家具の処分に関するまとめ

オフィス家具は産業廃棄物に該当する品目です。
オフィス家具を処分する際には、先方が産業廃棄物処理業の許可を受けているか確認しましょう。
無許可業者は違法業者に該当し、のちにトラブルになる危険性があるからです。

また一部自治体で、オフィス家具の処分を受け付けているところもあります。
ごみ処理施設への持ち込みや処分手数料を支払わないといけないなど、条件があるので注意してください。

まだ使えるオフィス家具であれば、買取業者に売却することで処分する方法もあります。
オフィス家具をきれいにしておいたり、相見積もりを取ったりすることで少しでも高値で売れる可能性があるので試してみましょう。