一人暮らしでワンルームの部屋に暮らしているけれども、足の踏み場もないくらいにごみで散らかっている人はいませんか?
ゴミ屋敷化しているのであれば、ワンルームでも片付けにはなかなかの作業量が伴います。

日本全国にゴミ屋敷の片付けに対応している事業所は数多くあります。
自分で対処できないのであれば、このようなプロの事業所にお願いするのも一つの方法です。
このとき、どのくらい費用がかかるのか、相場を中心にここでは紹介していきます。

ワンルームのゴミ屋敷清掃費用相場は?

事業所にゴミ屋敷の清掃をお願いする際に気になるのは、やはり費用でしょう。
ゴミ屋敷と一言で言ってもその状態はピンキリです。
処分する不用品の量によっても異なりますが、おおよその相場についてまずは見ていきます。

3万円から10万円以上が相場

見出しの通り、ワンルームのゴミ屋敷をプロの事業所に依頼した場合の費用相場は3万円から10万円以上です。
作業員が1〜2名で、1〜3時間の作業時間でお願いした場合を想定した相場と思ってください。
作業員が増えたり、3時間以上片付けにかかったりした場合、相場はもう少し上になるかもしれません。

3万円から10万円以上と言われると、相場とは言えかなり価格に幅があると思ったでしょう。
その理由は、ゴミ屋敷と言ってもその状況にはいろいろなパターンが考えられるからです。

床一面が埋まっている場合

高さはそれほど出ていないけれども、ワンルームの床一面にものが散らかっているような状態であれば、相場もそこまで高くありません。
3万円から43,000円程度で済む可能性が高いと思ってください。

作業員1〜2名で、作業も1〜2時間もあれば完了するでしょう。
不用品搬出のための車両も、軽トラックで十分積載できるでしょう。
コストを安く抑えられるので、相場もワンルームのゴミ屋敷の中では低めになるわけです。

ただし床一面が散らかっているのであれば、早めに片付けを始めるべきです。
床一面ごみで埋まっていると、部屋の中を移動するのも一苦労でしょう。
躓いて転倒してけがをする可能性もあるので、事業所に依頼して早めに片付けておきましょう。

天井までごみが達している場合

ゴミ屋敷の特集は、ニュース番組やワイドショーなどでもしばしば取り上げられます。
その中にはごみが天井近くまで堆く積み重ねられている場合もあるでしょう。
このような大量のごみによって埋め尽くされているのであれば、専門の事業所に依頼すると費用相場も高くなります。

少なく見積もっても8万円程度はかかると思ってください。
10万円以上かかるケースも珍しくありませんし、場合によっては20万円前後かかる可能性もあります。

床一面の相場と比較して何倍もの費用がかかってしまうのは、作業時間がかかるからです。
大半は不用品でも、その中に財布などの貴重品が紛れているかもしれません。
すると本当に破棄してもかまわないのか確認しないといけないので、作業が手間取るわけです。

またごみの量が多くなるので、それなりに大型の車両を準備しなければなりません。
床一面なら軽トラで済んだものも、天井近くまで埋まっているとワンルームでも2トントラックのような大型車両が必要かもしれません。
場合によっては1台のみで積載しきれない可能性もあるので、そうなるとさらに費用がかさみます。

ただし天井近くまで不用品で埋め尽くされたゴミ屋敷を自力で片付けるのは難しいでしょう。
お金がかかっても事業所にお願いすることです。
また放置すると悪臭を放ったり、ごみから発火して火災リスクもあるので早めに見積もりを取ってください。

ワンルームのゴミ屋敷清掃を事業所に安くお願いする方法

ワンルームのゴミ屋敷清掃を事業所にお願いする場合、数万円から10万円を超えるのが相場です。
しかしできることなら、相場よりも安くお願いしたいと思うでしょう。
相場よりも安く清掃する方法として、以下のような対策が考えられます。

1.自分でできるところは自分で行う
2.相見積もりを取る
3.買取サービス付きの事業所に依頼する

それぞれなぜ相場よりもコストを安く抑えられるのか、以下で見ていきます。
ワンルームのゴミ屋敷を整理する際の参考にしてください。

1.自分でできるところは自分で行う

ワンルームでもゴミ屋敷状態の部屋をきれいに掃除するのは、自力では難しいでしょう。
ただしすべてとまではいかなくても、途中まで自分で片付けることにより費用を節約する方法はおすすめです。

ゴミ屋敷の整理にかかる費用は、処分するごみの量が大きなウエイトを占めます。
ごみの量が多ければそれだけ相場も高くなります。
逆に言えば、ごみをある程度処分してスリムにしておけば、費用をその分圧縮できるわけです。

ただし自分でごみの処分を進める際には、十分注意して作業してください。
不用意にごみを取り出そうとすると山が崩れてしまって、ごみに埋もれる恐れがあるからです。
また中には刃物や割れたガラスやプラスチックの破片などがあるかもしれないので、安易に手を出してけがをする可能性も否定できません。
何が出てくるかわからないと思って、慎重に作業を進めてください。

自分である程度掃除するのであれば、少しずつ無理のない範囲で行うことが重要です。
事業所に依頼する1か月くらい前から計画を立てるのがおすすめです。

2.相見積もりを取る

少しでも安くワンルームのゴミ屋敷の整理を事業所にお願いしたければ、相見積もりを取ってください。
料金体系は各事業所がオリジナルの基準で見積金額を出しているからです。
同じ状態のワンルームの物件でも、提示する価格は数万円単位で違ってくる場合もあります。

複数社から見積もりを取ることで、おおよその相場観も養えます。
ただしいろいろなところで見積もりを取ると、見積もり作業だけでもかなりの時間がかかってしまうのでほどほどにしてください。
3社くらいを目安にして、相見積もりを取るのがおすすめです。

中には相場よりも異常な低価格を提示してくる事業所もあるかもしれません。
しかし相場からかけ離れた金額を提示してくる事業所は、悪徳の可能性大です。
激安価格をおとりにして契約を取って、追加料金が必要になったと偽って高額請求してくる場合があるからです。

3.買取サービス付きの事業所に依頼する

ゴミ屋敷の片付け事業所の中には、買取サービスを実施しているところも少なくありません。
買取可能な品目があれば、買取代金分が実質費用から値引きされます。
よって相場よりも安い値段で作業を依頼できるわけです。

ただし買取可能なものがまだ使用できるものであることはもちろんのこと、人気があり比較的新しいものでないと難しいかもしれません。
また買取可能な品目があっても、それほど高値はつかないかもしれません。
買取してもらえるものがあっただけでもラッキーくらいの軽い気持ちでお願いすると良いでしょう。

また買取サービス付きの事業所も含めて相見積もりを取る際には、費用だけでなく買取の見積もりも出してもらいましょう。
買取代金も含めて、総合的に安く作業を依頼できる事業所に依頼してください。

ワンルームのゴミ屋敷は自力で片付けられる?

何部屋もある物件なら、ゴミ屋敷の整理は難しいかもしれません。
でもワンルーム程度であれば、片付ける範囲も限定されているので自分で何とかなるのでは?と思う人もいるでしょう。

結論から言えば、ゴミ屋敷のレベルによっては自力で何とかできるかもしれません。
しかし基本的には専門の事業所に依頼するのが無難だと思ってください。
今回は自力でも片付けが可能かどうかについて、見ていきます。

レベル2までなら対処可能

ワンルームのゴミ屋敷と言っても、その状況はピンキリです。
あるサイトでゴミ屋敷の症状をレベル1〜4で分類していました。
レベル別で見た場合、レベル2までの軽度から中等レベルのものであれば、自分で清掃できるかもしれません。

レベル1はごみで散らかっている部屋を指します。
しかしところどころ、まだらに部屋の床が見える状態です。
普通の部屋にしては汚いですが、ゴミ屋敷の中ではまだ軽度です。

レベル2もまだ床はところどころ見えている状態ですが、レベル1と比較して露出面積は少なめと言えます。
ワンルームでも部屋の中を移動するのは結構厳しくなっています。
ここまでなら、まだ自分で何とかなるかもしれません。

しかしこれから紹介するレベル3以上の状態であれば、自力での片付けはほぼ絶望的と考えてください。
レベル3は、もはや床のほとんどがごみによって埋め尽くされている状態です。
「足の踏み場もない」という言葉がしっくりくる状況だと思ってください。

最高レベルの4になると、ただ単に散らかっているだけではありません。
生ごみが腐敗するなどで、悪臭が発生している状況です。
さらに害虫や害獣の発生している状況で、ここまでくるとハウスクリーニングなどプロの事業所を入れないときれいにできません。

時間はかかると思ったほうが良い

レベル2の状況までなら、自力でゴミ屋敷から改善できるかもしれません。
ただし完全に作業が完結するまでに、1日では済まないと思ってください。
1人で行うとなると一般的なワンルームで、3〜4日程度かかるのが相場です。

またごみの量もそれなりに大量になるでしょう。
レベル2であれば、45リットルのごみ袋が100袋程度出ると考えてください。
もしスピーディに片付けを済ませたいと思うのであれば、レベル2以下の状況でも事業所にお願いするのが無難です。

迷っているなら見積もりを取ろう

自力で行えるか、事業所に任せるか迷っているのなら、とりあえず事業所に見積もりをお願いしましょう。
見積もりを取ったところ、思っているよりも安くお願いできる場合もありうるからです。

優良なところであれば、見積もりだけなら無料で請け負ってくれます。
たとえ見積もり価格に納得できずキャンセルしても、キャンセル料や出張料は発生しません。

ここで紹介した相見積もりで、複数の事業所に見積もりをお願いするのがおすすめです。
そうすれば、自分の部屋の相場もわかるからです。
思ったよりも費用が安かったり、何とかまかなえたりするなら、事業所に依頼したほうが良いでしょう。
確実に部屋がきれいになるからです。

ワンルームのゴミ屋敷の相場に関するまとめ

ワンルームでもゴミ屋敷のようにごみが大量にたまっている状態だと、自力で掃除するのは困難です。
プロの事業所にお願いして、きれいに清掃してもらったほうが良いでしょう。

ただし事業所にお願いすると、費用がどのくらいかかるかわからなくて不安な気持ちもわかります。
ここでワンルーム物件の場合の相場について紹介したので参考にしてください。

また複数の事業所にお願いして、相見積もりを取ることが大切です。
自宅の相場がわかりますし、より低価格で請け負ってくれるところもわかるからです。
ただし激安価格でも、あまりに相場から離れた金額であれば悪徳の可能性もあるので注意しましょう。