さいたま市に親族がいて、亡くなったら速やかに遺品整理をしなければなりません。
自分たちで行えれば良いのですが、遠方だったり都合がつかなかったりで難しい場合もあるでしょう。
その場合、遺品整理業者にお願いするのも一考です。

さいたま市で遺品整理の作業を請け負っている業者は数多くあります。
どこに依頼すべきか、適正価格でお願いできる業者を選びましょう。
ここではさいたま市における適正価格や安く依頼するコツについて、まとめました。

さいたま市の遺品整理の適正価格について紹介

さいたま市の業者に遺品整理の作業をお願いするにあたって、適正価格はいくらかについて見ていきます。
遺品整理の費用はいくつかの項目に分けられます。
また同じ作業内容でも、業者によって値段が変わる理由についても紹介しましょう。

遺品整理の費用内訳について解説

遺品整理の費用は主に3つの要素によって決められます。
物量と人件費、運搬費の3つです。

物量とは、回収すべき不用品の量です。
搬出すべき荷物が多ければ、その分費用も余計に掛かります。

人件費は、作業を担当する人数が多いとその分費用も高くなります。
遺品整理では、1部屋1人担当するのが一般的です。
そこに搬出担当が1人と車両への積み込み担当が1人つきます。
3部屋の遺品整理をお願いするのであれば、5人作業員がついて仕事をする形です。

運搬費は、不用品を運び出すための費用です。
業者によっては運搬費の中に不用品を保管する費用や最終処分費などを含めているところもあります。
見積書で運搬費と車両費を分割している場合、運搬費には保管費用や処分費用のみが含まれていると考えてください。

業者によって費用が変わるのはなぜ?

さいたま市の遺品整理業者複数に見積もりをお願いしてみて、その結果を比較してみてください。
業者ごとに価格が違っているはずです。
なぜ料金が変わってくるのか、それにはいくつか理由があります。

まずは営業形態です。
さいたま市の遺品整理業者の中には、ただ依頼を受け付けているだけというところもあります。
そして実際の作業は別のところにお願いしているわけです。

この場合、中間マージンが発生します。
一方さいたま市の遺品整理業者の中には、自前で作業員を出しているところも少なくありません。
このような業者にお願いすれば、中間マージンが発生しないのでより安い価格で依頼できます。

またリユースやリサイクルのルートの有無も、適正価格が変化する要因の一つです。
リユースやリサイクルルートのパイプを持っている業者であれば、このようなところで引き取った不用品を売却できます。
収益が得られるのでその分お客さんに還元でき、リーズナブルな価格でサービス提供できるわけです。

チラシや新聞などで大々的に宣伝を行っている遺品整理業者は、適正価格の高くなる傾向が見られます。
というのも広告費をより多く投入しているので、それを値段に上乗せする必要があるからです。
一方ホームページやメルマガを広告の主力にしている場合、広告費をあまりかけていません。
結果的に低価格でのサービス提供が可能です。

さいたま市の遺品整理の適正価格について解説

さいたま市の遺品整理の適正価格は、部屋の広さ別で変わってきます。
一人暮らしのワンルームや1Kの間取りであれば、適正価格は2〜4万円といったところが相場です。

夫婦2人暮らしの2DKや2LDKの適正価格は、8〜15万円といったところだと思ってください。
さらに3DKや3LDKのような家族世帯向けの物件であれば、15〜18万円が適正価格だと考えておきましょう。
このように部屋が広くなると、その分値段が高くなると思ってください。

相見積もりを取ることが重要

さいたま市で遺品整理の作業をプロにお願いするのであれば、複数の業者から相見積もりを取るのがおすすめです。
相見積もりを取れば、自分たちの条件におけるおおよその適正価格がわかるからです。

また複数の業者から見積もりを取ることで、より低価格で依頼できるところが見つかります。
適正価格を知れば、悪徳業者に引っかかる恐れが低減できるのはメリットです。

さいたま市の遺品整理業者の中には、一部悪徳業者がいます。
もし相見積もりで適正価格よりもかなり高額な値段を提示する業者がいれば、悪徳業者の可能性が高いと判断できます。

相見積もりを取った時、適正価格よりも異常に安い値段を提示してくる業者もいるでしょう。
こちらの業者も悪質な営業をしている可能性が高いので注意してください。

あえて激安価格を提示して、お客さんを引き付けようとするテクニックです。
実際に受注したところでいろいろな名目にて追加費用を請求され、結局適正価格よりも割高な費用を支払わされる羽目になります。
相見積もりを取って、各業者の値段が適正価格か見極めて、依頼先を決めましょう。

さいたま市の遺品整理を安くするコツ

さいたま市で遺品整理の作業を依頼する場合、適正価格があります。
しかし事前の準備次第で、価格をさらに安くすることも可能です。
簡単に言えば、業者の作業量を少なくすれば、その分値段を安くできるわけです。

具体的には以下の方法が考えられます。

1.できるだけ自分で処分する
2.清掃は自分で行う
3.スケジュールに余裕を持たせる
4.売れるものは売却する

それぞれなぜ費用を安くできるのか、以下で解説します。

1.できるだけ自分で処分する

もしさいたま市の亡くなった身内の自宅に赴くチャンスがあれば、すべてでなくてかまわないので処分できる不用品は処分しておきましょう。
さいたま市の遺品整理の適正価格を計算する際に、物量があることは別項で紹介しました。
物量を少なくできれば、適正価格もおのずと引き下げられます。

さいたま市では不用品を施設に直接持ち込む方法があります。
さいたま市の場合、100kg未満であれば無料で引き取りが可能です。
ただし一部品目は料金が決まっている場合もあるので、さいたま市のホームページで確認してください。

おすすめなのが、葬式や四十九日のついでに不用品の処分を進める方法です。
身内が集まるので、みんなで遺品整理の作業をすればかなりはかどるでしょう。

遺品整理の際に時折問題になるのが、勝手に処分してしまってもめるケースです。
自分にとって不要なものでも、ほかの家族には大切なものもあり得ます。
みんながいる時に遺品整理すれば、処分するか引き取るか意思確認しながら作業を進められます。
このため、後々問題になる懸念もなくなるわけです。

2.清掃は自分で行う

もし都合がつけば、不用品の回収は業者にお願いします。
そして部屋の清掃を自分たちで行うことにすれば、遺品整理費用の適正価格も引き下がります。
業者は不用品の搬出だけすればいいので、コストカットにつながるからです。

ただし孤独死した部屋の清掃となると、素人が行うのは難しいでしょう。
特殊なシミがついていたり、害虫などが発生していたりする可能性があります。
また賃貸物件の場合、部屋を再度貸し出す必要があるのでプロによる清掃が入ります。

特殊清掃が必要な場合、清掃サービスも請け負っているさいたま市の業者にお願いしましょう。
遺品整理と特殊清掃、各々別の業者にお願いするよりもセット価格で安くなる可能性が高いからです。

3.スケジュールに余裕を持たせる

即日のような急ぎの依頼だと、どうしても値段は高くなってしまいます。
至急まとまった作業員を確保しなければなりません。

逆にスケジュールに余裕を持たせて依頼すれば、業者側も慌てて人員を確保する必要もなくなります。
結果、価格も安くお願いできる可能性も高まります。

また別に特定の日にお願いする必要がなければ、先方のあいているスケジュールにお願いする方法もおすすめです。
相手の都合を優先する代わりに値段を融通してほしいと交渉を持ち掛ければ、応じてもらえるかもしれないからです。

4.売れるものは売却する

もし亡くなった方の自宅にまだ使えるものがあれば、買取サービスに売却すると良いでしょう。
何品か現金化できれば、こちらを費用に回すことで自分たちの負担を軽減できるからです。

もし近所にリサイクルショップがあれば、こちらに持ち込んでみると良いでしょう。
リサイクルショップの中には出張買取を行っているところもあります。
自宅に査定士がきて査定する方法で、買取に同意すれば不用品を回収してくれるサービスです。

また宅配買取サービスを実施しているところに依頼する方法もあります。
宅配買取とは、買い取ってほしいものを段ボールに詰め、宅配便で業者に送付するサービスです。
しばらくすると買取結果が通知されるので、価格に納得できればそのまま売却できます。

ほかにもオークションサイトやフリマアプリに出品する方法もおすすめです。
限定品や人気のキャラクターグッズの場合、高額買取されるかもしれません。

さいたま市の遺品整理業者の中には、買取サービスにも対応しているところがあります。
リサイクルショップの持ち込みなど都合がつかない場合には、買取もあわせてお願いできる業者を探すと良いでしょう。

さいたま市の遺品整理業者の適正価格に関するまとめ

さいたま市には遺品整理の作業を請け負っている業者が数多くあります。
その中でどこに依頼すればいいか、適正価格にて請け負っている業者で絞り込みましょう。

さいたま市の遺品整理業者の中には、不当に高い値段で作業を受注しようとする業者も一部見られます。
複数の業者に見積もりをお願いして、自分たちの場合の適正価格を把握しておきましょう。

また自分たちで不用品を処分したり、清掃したりすることで値段を安くすることも可能です。
無理のない範囲でできることは自分たちで行って、少しでも費用を節約しましょう。