さいたま市在住の家族が亡くなったら、遺品整理を進める必要があります。
遺品整理は自分で行うことも可能ですし、専門業者にお願いする方法もあります。
どちらの方がおすすめか、一概には言えません。
部屋の中の状態などで、自分でできる場合もあれば、専門業者に任せた方が良い場合もあります。

さいたま市には遺品整理を請け負っている業者が無数にあります。
その中でどの業者がおすすめか、比較ポイントがわからない人はいませんか?
さいたま市のおすすめ遺品整理業者を探すポイントについてもあわせて解説するので、参考にしてください。

さいたま市で遺品整理するのは自分でする?業者に依頼する?

遺品整理は専門業者に任せる方法もあれば、自分でコツコツ行う方法もあります。
どちらがおすすめか、これはケースバイケースです。
どちらがおすすめか、判断基準がいくつかあります。

1.部屋数
2.荷物の量
3.距離
4.捨てるかどうかの判断基準
5.持ち家か賃貸か

なぜ以上で紹介した項目が、自分で行うか業者に依頼するかの判断基準になるのか、以下で見ていきます。

1.部屋数

部屋数が多くなると、遺品整理に伴う作業量はどうしても多くなります。
一人暮らしで、ワンルームの部屋であれば、自分で何とか遺品整理できるでしょう。
さいたま市にはワンルームマンションも多く、単身世帯の方も多いでしょう。

ところが部屋数が多くなると、一つ部屋が片付いても別の部屋を一から作業しなければなりません。
すると途中で心が折れてしまって、ギブアップする方も出てくるでしょう。

また一戸建てを自分で片付けるのはおすすめできません。
日本の一般的な家屋では、2階建てや3階建ての物件も結構見られます。
すると作業中何度も階段を上り下りしなければなりません。

足腰に負担がかかって、ひざなどを痛める恐れもあります。
また重たかったり、大きな荷物を搬出する際に滑り落ちてしまって、大けがする可能性もあります。
無理せずに、さいたま市の遺品整理業者に依頼するのが賢明です。

2.荷物の量

もし部屋の中が整理整頓されている、ミニマムな生活をしていれば、自分で遺品整理するのがおすすめです。
お金をかけずに、あまり負担を負わずに作業完了できる可能性があります。

しかし荷物が多い住宅だと、遺品整理をいくらしても遅々として作業の進まない可能性が出てきます。
とくにゴミ屋敷のような状態になっていると、自力で行うのはほぼ不可能でしょう。

また意外と注意した方が良いのは、押し入れです。
見た目はスッキリしていて自分でできると思ったら、押し入れや物置に大量の荷物があったというケースも見られるからです。
一見した際の印象だけでなく、押し入れなど収納スペースに荷物がどの程度あるか、確認しておきましょう。

3.距離

遺品整理する住宅と自宅の距離も、自分でするか、業者にお願いするかどちらがおすすめかの分かれ目です。
遺品整理が1日で完了すれば良いですが、荷物が多いと何日かにまたがる可能性が出てきます。
距離が遠ければ、通うのも大変でしょうし、負担も大きくなるでしょう。

ひとつ目安になるのは、片道1時間かかるかどうかです。
片道1時間以上かかるのであれば、何日間に分けて作業するのは厳しいでしょう。
移動するだけでもかなりの労力です。

さいたま市の住宅を遺品整理したければ、関東圏なら何とか通えるかもしれません。
しかし他地方から何度も通って、遺品整理するのは相当な体力が必要であると覚悟しておいた方が良いでしょう。

ただしお盆休みや年末年始など、まとまった休暇が取れれば、その際に一気に片付け作業を進めるのはおすすめです。
たとえさいたま市から遠いところに住んでいても、1週間程度の休暇を確保できれば、実家に住み込みで遺品整理を進めるのも苦ではないでしょう。
しかし夏場はさいたま市でも厳しい暑さになることも少なくないので、熱中症対策には十分留意してください。

4.捨てるかどうかの判断基準

遺品整理をする時に、自己判断だけで不用品として捨ててしまうのはおすすめできません。
あなたにとっては不用品でも、ほかの遺族からすれば大切な思い出の品物といった可能性もあるからです。
そこで遺族で話し合って、どれは残してどれを処分するか決めるのがおすすめです。

しかし中には遺品整理をする際に「これは捨てても問題ないものなのか?」と判断に迷うものもあるでしょう。
いちいち処分するかどうかで迷ってしまうと、遺品整理の作業はますます進まなくなります。

もしどう処分すべきかわからないものがいろいろと出てくるようであれば、さいたま市の遺品整理業者に任せるのも選択肢の一つです。
最悪捨てるものの仕分けができずに、せっかくの1日がつぶれてしまうことも出てくるかもしれません。

5.持ち家か賃貸か

亡くなった人の保有する住宅か、賃貸物件かでも対処法は変わってきます。
故人もしくは家族名義の住宅であれば、別に遺品整理を焦る必要はありません。
自分のペースで遺品整理を進めても、支障はないでしょう。

しかし住宅ローンが残っている場合でも問題ありません。
大半の住宅ローンは団体信用生命保険への加入が条件だからです。
住宅の持ち主が亡くなったら、保険金で残債を完済できるはずです。

ただしフラット35の場合、保険加入しなくても住宅購入できます。
住宅ローンの残高があって、その住宅で今後住む家族もいなければ早めの売却がおすすめです。

というのも中古住宅の場合、時間が経過すればするほど、価値が下がるからです。
遺品整理が進まず売却も先延ばしになると、売却代金全額入れてもなお債務が残り続ける恐れもあります。

賃貸物件の場合、早急に遺品整理を進めなければなりません。
部屋を明け渡せないと、その間余計に家賃を支払う羽目になってしまうからです。
この場合には、さいたま市の遺品整理業者に作業依頼するのがおすすめです。
大量のごみがあるような物件でも、原則1日できれいに片付けてくれます。

さいたま市でおすすめの遺品整理事業者のポイント

上の条件を見て、「とても自分たちで作業するのは難しい…」と思った人もいるでしょう。
その場合、無理する必要はありません。
遺品整理事業者にお願いして、作業を代行してもらいましょう。

さいたま市には遺品整理サービスに対応している事業者が、それこそ多岐におよびます。
さいたま市に特化したサービスもあれば、日本全国に事業所を展開しているような大手も活動しています。
その中で、どこがおすすめか、以下のポイントに留意して比較してみると良いでしょう。

1.一般廃棄物収集運搬業の許可の有無
2.法人から選ぶ
3.遺品整理士の在籍の有無
4.損害賠償保険への加入
5.口コミの評判が上々

以上がなぜさいたま市のおすすめの業者に依頼するために必要なことなのか、以下で解説します。

1.一般廃棄物収集運搬業の許可の有無

こちらは基本中の基本です。
遺品整理では不要なものを引き取ってもらう必要があります。
不用品回収するために、さいたま市の一般廃棄物収集運搬業は必須の許可です。

許可を持たない業者は、違法業者となります。
悪質な営業をしている可能性が高く、トラブルに巻き込まれる危険性が高くおすすめできません。

一般廃棄物収集運搬業の許可を受けている事業所一覧は、さいたま市のホームページでも掲載されています。
さいたま市のサイトから依頼業者の選定を進めれば、安心でしょう。

2.法人から選ぶ

さいたま市の遺品整理事業者の中には、法人格のところもあれば、個人商店のようなところもあります。
両者を比較した場合、法人格の事業所がおすすめです。

個人事業主でも、ていねいなサービスで定評のあるところも見られます。
しかし個人事業主の場合、いろいろなリスク要因があるのはネックです。

個人事業主では、だれでも比較的手軽に届出を行って開業できます。
また経営基盤も法人と比較すれば、盤石ではありません。
このため、ある日突然経営破綻する可能性があります。
予約したら、その日までに倒産してしまえば、また別の事業所を探さないといけません。

個人事業主のリスク要因として、一人など少数精鋭で運営している点も見逃せません。
するともし作業員がけがや病気で稼働できなくなった場合、業者そのものがお休みになるでしょう。
もしかすると作業予定日が順延してしまうかもしれないわけです。

法人であれば、近い将来いきなり経営破綻するリスクは低いでしょう。
誰か欠員が出ても、ほかのスタッフが穴埋めしてくれます。
よって予約を入れた日に遺品整理してもらえない事態を回避できるので、おすすめです。

3.遺品整理士の在籍の有無

さいたま市の遺品整理事業者を見てみると、遺品整理士の資格保有者が在籍しているところも少なくありません。
一般廃棄物収集運搬業のように、遺品整理士の資格保有者がいない事業所は違法とは言えません。

しかし遺品整理士の資格を取得するためには、遺品整理に関する知識やノウハウが必要です。
遺族の想いに寄り添った形で作業を進めてくれるので、安心して任せられるでしょう。

資格保有者のいないさいたま市の業者にお願いしても、しっかり仕事してくれるところも見られます。
しかし場合によっては遺品の扱いが粗末だったり、こちらの望まない品目を処分されたりするかもしれません。

4.損害賠償保険への加入

遺品整理の中ではタンスや冷蔵庫などの大型のアイテムを搬出する作業が必要でしょう。
細心の注意を払って作業しても、壁や柱にぶつけたり、落としたりして床を傷つける可能性はゼロにできません。
そのような時のために、損害賠償保険に加入しているさいたま市の事業者も見られます。

作業中の事故で、住宅やアイテムが破損した場合その補償をする保険です。
きちんと保険金で賠償してもらえるので、安心して作業を任せられるでしょう。

5.口コミの評判が上々

遺品整理をお願いするにあたって、実際に利用した人の口コミ評判も確認しましょう。
さいたま市の事業所の中には、「お客様の声」として公式ホームページに利用者のコメントを掲載しているところもあります。
しかし基本的に評価するコメントしか投稿されていないので、ポータルサイトなどで確認するのがおすすめです。

またおすすめのチェック方法として、SNSのつぶやきを見てみる方法もあります。
近年では、SNSで遺品整理をお願いした感想について投稿している人も少なくないからです。

接客対応や作業に手慣れているか、料金などWebサイトではわからない情報が紹介されている場合もあります。
複数の口コミサイトで、おおむね評価の良い遺品整理事業者であれば、おすすめと言って良いでしょう。

さいたま市の遺品整理のおすすめに関するまとめ

さいたま市の遺品整理は自分で行うか、業者にお願いするかをまずは決めましょう。
処分する荷物がそれほど多くなく、近くに住んでいるなど住宅に通えるのであれば、自分で行えばコストを必要最低限に抑制できます。

一方遠くてそう頻繁に通えなかったり、荷物が多すぎて自力で処分するのが難しければ、遺品整理に対応している事業所にお願いするのも一考です。
さいたま市には遺品整理サービスを提供している事業所も数多くあるので、ここで紹介したポイントにて比較し、信頼できる業者を見つけましょう。