「不要になった家電製品や家具を無料で回収する廃品回収車です…」
このようなアナウンスを街中で耳にしたことのある人も多いでしょう。

いらなくなったものを無料で回収してくれるのであれば、ありがたいと思うでしょう。
しかしその反面「何で無料で回収してもらえるのか?」「やっぱり怪しいのでは?」と思ったことはありませんか?
そこでここでは、無料の不用品回収サービスは利用して大丈夫なのかを中心に見ていきます。

無料で不用品回収を行っている理由

なぜ無料で不用品回収ができるのか、もちろんボランティアではありません。
お客さんからお金を取らない以上、別のところで利益を出しています。
主なビジネスモデルとして、以下のようなパターンが考えられます。

1.転売して儲ける
2.原材料に戻して売却する
3.手間賃で利益を取る

それぞれどのような手法で収益を出しているのか、詳しく見ていきます。
最後の方法は、事実上無料ではないので騙されないように注意してください。

1.転売して儲ける

無料で不用品回収している業者の中には、まっとうな商売をしているところも一部あります。
それは、回収した不用品を中古品として転売することで利益を上げる方法です。
不用品の中には、まだ使える買い手のつきそうなアイテムも少なくありません。

家電製品やバイクの中には、新しいモデルが出てきて買い替えて、前のものを処分する人もいます。
するとまだ使えそうなものも多数含まれています。
こちらを買取業者に出して売却益を手にできれば、無料で不用品回収しても問題ないわけです。

ゲーム機器や音響機器など、まだ使えるものであれば無料で引き取ってくれる業者もあります。
とくにレコードプレイヤーなどは、希少価値が高いので高額査定も十分期待できます。
近年のレトロブームで、若者の間でも音楽をレコードで聴くのを好む人も多いからです。

2.原材料に戻して売却する

不用品回収したものそのものに価値がなくても、スクラップして原材料に戻せば売れるものもあります。
鉄くずをはじめとした金属スクラップやアルミやステンレスなどの非鉄金属スクラップ、段ボールなどの古紙類はリサイクルが可能です。
このように原材料単位にスクラップして、売却することで利益確保するビジネスモデルです。

またパソコンやブルーレイなどのデッキ類、音響機器などは希少価値の高い原材料が使われています。
このように原料に戻して転売することで利益が出るので、無料にて不用品回収できるわけです。

3.手間賃で利益を取る

手間賃で利益を確保するので、「無料で廃品回収」と宣伝している業者も一部あります。
しかし手間賃はお客さんに請求されるので、実質無料ではありません。
このような事例は悪徳業者なので、利用しないのは賢明です。

「処分料は無料、でも搬出の手間賃は有料」
「家庭リサイクル料金などの名目で料金を徴収」
このようなパターンは、日本全国で時折見られる事例です。
しかもこのような事情を何も説明せず、無料だと思って処分を依頼しトラックに積み終わったところで費用をいきなり請求してくる業者もあります。

インターネットでは「無料で不用品回収を謳っている業者は利用しないほうが良い」と書かれています。
それは上で紹介したように手間賃を要求してくる業者があるからです。

無料の不用品回収業者に関するトラブル事例を紹介

無料の不用品回収業者は、利用しないほうが賢明です。
というのも無料の業者は悪徳業者の可能性が高いからです。

無料の不用品回収業者を利用すると、無用なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。
過去のトラブル事例を見てみると、多いのが以下で紹介するケースです。

1.不法投棄されてしまう
2.費用を請求される
3.自宅の物品を物色される

いずれも面倒なトラブルに発展するかもしれません。
無料に魅力を感じるかもしれませんが、利用は相当慎重に注意を払わなければなりません。

1.不法投棄されてしまう

不用品回収を無料で行うと言っている業者で危険なのは、引き取ったものを不法投棄してしまう点です。
原材料別に、適切に処分しなければならないのに、山や道端など適当なところに放置してしまいます。
この不法投棄、行った業者はもちろんのこと、依頼した人も罪に問われる可能性があるので注意しなければなりません。

本来であれば、お住まいの自治体の一般廃棄物処理業などの許可を受けないと不用品回収はできません。
おそらく不法投棄をする業者は、許可を受けていない違法業者でしょう。
このような違法業者に依頼した時点で、その責任を負う可能性があります。

2.費用を請求される

不用品の回収費用は無料だけれども、搬出代や処分料といった別名目でお金を請求される場合があります。
実際ネットを見てみると、パソコンとプリンターの処分をお願いしたら2万円請求されたといった話もありました。
許可を受けたまっとうな不用品回収業者にお願いすれば、数千円程度でしょう。
かかっても1万円前後なので、不当な高額費用を請求されていることがおわかりでしょう。

半ば脅してくるような形で、料金徴収する不用品回収業者もあるようです。
「無料で回収する話だったけれどもトラックに不用品を積んだとたんに声を荒げて、お金を支払うようにすごまれた」という話も見られます。

3.自宅の物品を物色される

無料と書かれたチラシを見て、不用品回収をお願いして別のものまで持っていこうとする業者もあるようです。
部屋の中を物色し、「これは使えないから一緒に回収します」と言って、どんどんトラックに積み込もうとするわけです。
おそらく金目になりそうなものを見つけては積み込んでしまう手口でしょう。

またどんどんいろいろな品目を積み込むことで、高額費用を請求しようという魂胆も見え隠れします。
中には10万円超の高額請求されたという事例もあり、かなり悪質です。

チラシを見て区別する無料不用品回収業者

「無料で廃品回収します」と謳っている業者のよくある手口に、街中の巡回とチラシがあります。
特定のエリアに大量のチラシをばらまき、利用者を募る手法です。
もし自宅のポストに不用品回収のチラシが投函されていたら、以下のポイントをチェックしてみてください。

1.会社の所在地
2.電話番号が固定か携帯か
3.許可を受けた業者か
4.宣伝内容

以上どのようなところに注意してチェックすれば良いか、以下で見ていきます。
しかしDMをポストに投函しているところは悪徳業者の可能性大なので、利用しないほうが賢明です。

1.会社の所在地

チラシに会社情報について記載されているか確認してください。
会社名や事業所の所在地、電話番号がまっとうな業者なら記載されているはずです。

もしかするとチラシには会社情報が記載されていないだけで、ホームページに詳しい情報が掲載されている可能性もあります。
しかしサイトそのものがない、サイトがあってもここにも会社概要が記載されていなければ利用しないのが賢明です。

会社情報が記載されていないのは、何か問題が起きても責任の所在をはっきりさせないためです。
優良な不用品回収業者であれば、サイトやチラシに所在地が明記されています。
Googleマップにも登録されているでしょう。

2.電話番号が固定か携帯か

チラシに問合せ先の電話番号が記載されているでしょう。
番号が「080」や「090」で始まるような、いかにも携帯電話の番号のみであれば要注意です。
固定電話と比較して、携帯電話はプリペイド式などもあるので違法業者まで辿れない場合も少なくありません。

優良業者であれば、チラシやサイトのどこかに代表の固定電話が記載されているはずです。
携帯電話の番号しかない不用品回収業者は、利用を控えるのが賢明な判断です。

3.許可を受けた業者か

一般廃棄物収集運搬業許可証が、不用品回収のために不可欠です。
許可を受けている業者であれば、許可番号などがチラシのどこかに明記されているはずです。
もしそのような許可に関する記述のないチラシであれば、無許可の違法業者の可能性大なので気を付けてください。

このことは環境省のホームページでも注意喚起しているほどです。
無許可の業者に不用品回収を依頼すると、適正な処理が確認できないからです。

あと無料の不用品回収業者の中には、古物商許可証だけを記載している場合があります。
許可があれば優良業者と思いがちですが、古物商許可は買取サービスのために必要な許可です。
古物商許可だけでは、不用品回収は認められていません。
一般廃棄物収集運搬業の許可が必要なので、勘違いのないように注意してください。

4.宣伝内容

一見すると利用する側から見ると魅力的でも、よくよく考えてみるとおかしい宣伝文句がかかれているのも危険な不用品回収業者のチラシの特徴です。
「無料で回収します」
「どのような品目でも回収します」
このようなキャッチコピーのチラシには注意すべきです。

不用品を無料なおかつ際限なしで回収できる業者は、ごく少数派です。
このような宣伝をしている業者は、必ず裏があると思ってください。

住宅街で回収車両を回して、スピーカーで宣伝している業者を見かけたことはありませんか?
このような業者も同じような宣伝コピーで巡回しているケースが多いので、要注意です。

無料の不用品回収に関するまとめ

無料で不用品回収をしていると謳っている業者も日本各地にあります。
一見すると魅力的に映るでしょうが、そのような業者は悪徳の可能性が高いので注意してください。

そもそも不用品回収するためには人手もいれば、車両も用意しなければなりません。
正しく処分するためにはリサイクルなどの作業が必要で、どうしてもコストがかかります。
にもかかわらず、無料で回収できるのは本来あり得ないことです。

中には回収した不用品をリサイクルして売却することで、利益を上げているところもあります。
しかし無料サービスを利用したところ、あとになって費用請求されたり、不法投棄されたりなどのトラブルはしばしば聞かれます。
こう考えると、無料の不用品回収サービスの利用は慎重に判断すべきです。